血圧と性行為について

腎臓に負担もある高血圧治療の食事療法における味噌汁

血圧は心臓と血管によって司られていると考えられてしまいがちですが、腎臓もまた血圧の調節に関わる重要な臓器です。血液からろ過を行って尿を作るという役割を担っているのが腎臓であり、不要物の排泄を行うために不可欠な臓器です。血圧の影響を直接受けることから、その調節にも関わっているというのが特徴であり、腎臓での血圧調節機構を標的とした医薬品も開発されてきています。高血圧にかかってしまうとこういった臓器に大きな負担がかかることになり、心疾患や腎疾患などを患ってしまうリスクが高まります。血管でも動脈硬化を経て様々な疾患を合併するリスクが高いことから、定期的に血圧測定を行うことによって早期発見、早期治療を行うことが推奨されるようになってきています。その治療における基本は投薬による血圧管理を行いながら、生活習慣の改善によって根本治療を目指すというものです。特に主眼が置かれるのが食事の減塩であり、塩分を過量にとってしまいがちになるメニューをなくしたり、置き換えたりしていくことで塩分の摂取量を減らす工夫が必要とされます。味噌汁は日本人にとっては欠かせない食べ物の一つですが、一杯の味噌汁に含まれる塩分は多く、それをやめるだけでもかなりの効果が期待できるでしょう。しかし、味噌の栄養や味噌汁に入れている具からの栄養も捨てがたいものです。味噌汁の具には野菜が多く用いられるため、高血圧に対して良い効果を与えるカリウムの摂取にも有用であるといえるからです。そのため、減塩味噌で味噌汁を作ったり、つゆの量を控えたりするといった方法を取るのも良い判断といえます。そういった工夫をしていくことでうまく減塩を達成することが大切です。