血圧と性行為について

早期診察で高血圧による動脈硬化を食い止める

動脈硬化の原因には血管が関係しています。血圧が高くなると、血管を傷つけ動脈硬化を悪化させます。
高血圧とは、診察時安静にして座った状態で測定した血圧が、常時最高圧が140mmHg以上、または最低圧が90mmHg以上になる状態であるとを高血圧と診断されます。高血圧の原因には大きくふたつの種類があります。ひとつは本能性。本能性は遺伝による要素や加齢、乱れた生活習慣などが絡み合って発症する場合が多いです。もうひとつは二次性と言います。この二次性はクッシング症候群や腎臓病などの影響で高血圧になるものです。約90パーセント程度が本能性高血圧です。
この状態が怖いのは、自覚症状はほとんどないことです。診察を受けないと気が付かないうちに圧力が高い状態が常態化してさまざまな病気の温床になるということです。動脈硬化以外にも
高血圧は動脈硬化を引き起こす原因のひとつです。動脈硬化とは血管の弾力性が失われて血管の内径が狭くなる症状です。高い状態が長く続くと、血管の内部の圧力が増して、その圧力に耐えるために血管の壁が厚くなっていきます。血管の壁が厚くなると柔軟性を失い、さらに内径が狭くなっていきます。さらに、血管部分が傷つくとその部分にコレステロールなどの脂肪成分がたまりやすくなり、さらに内径が狭くなっていきます。そうするとさらに症状が高くなります。その繰り返しにより、さらに動脈硬化が進んでしまいます。
そのように、進行を食い止めるためには早期発見、早期治療が最重要です。その病状を発見するためには医師の診察を受けることが有用です。40歳以上の2人に1人が血管が高圧になっている状態です。もっとも患者数が多い病気です。まさに国民病といってよいと状態です。